2016年1月28日木曜日

日本の雇用について考える

日本の労働者として

非正規
正社員

階層的に分ける必要があるのか
わざわざ区別する事で
正社員には下をみる安心を
非正規には責任を薄めマニュアル機械化
雇用側にはコスト削減 リスク管理
全体的に俯瞰したときに

日本の社会構造としてこれでよいのでしょうか?

私たちが現在生きている日本から
今の社会構造のままで

世界で戦う企業が次々と
生まれてくるのでしょうか

各企業が強い競争力を
もつことができるのでしょうか

疑問を抱かざるえません
※戦わないのかむしろ

何故日本の
時間あたりの生産性が低いかわかる
気がします


ただしこれはむしろ
構造的な転換点に差し掛かっているのかもしれません

もう一度
日本の社会の
再構築を行い
産業構造を見直す必要が
ありそうです

確かな事は
ビット演算の様な判断や契約で
縛る欧米型では無く

和を以て貴しとなす

とある様に日本らしい
調和と犠牲心がキーになるのではないかと考えています
※集団主義が 良いかどうかは別として


0 件のコメント:

コメントを投稿