2017年3月17日金曜日

読書について2

お恥ずかしい話ではあるが

本は読む量によって
自分の考え方に影響を与えることや
自身の読む態度も変わってくる事を

今更ながら身をもって実感しました

前までは、私に読書の習慣が
其れ程なかったとき
自分が読んだ本に直ぐに
影響されていた事を思い出しました。

その時は、自分の解釈は絶対的だと
信じてやまなかったのです

そして余り中身のない話を
信じありがたがっていたのです

しかしこれは自然な事で
絶対的読書量が少なければ
自分で判断をくだせる材料が少ない事になり

後は私の根拠の無い自信
【私が選んだ本である】のバイアスが
かかり意図も簡単に信じてしまう事が
よくありました

なんとも面白い話で

そして何年か経って
読み返したときに

なんだこれは?
なぜこれを重要視しているのだろう

という状態になったのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿