2015年11月3日火曜日

自動運転時代を考える

自動運転のニュースが毎日のように

世界から配信されています

技術が進歩し市場としては離陸寸前です

本当に凄く近い未来に映画の様な世界が

まっています

今だからこそ自動運転時代について考えてみたいと思います。

※ここでは完全自動運転を対象とします

まずは管理装置についてですが

大きなマザーセンターが中心となり

各クライアントである車の

制御情報が管理され効率のよいルートを導きだされる様になります

また画面表示に目的地の到着予定時間が表示されています

中央管理された車の世界では渋滞は過去のものとなりますが

ここで重要な事は、利用者の今現在の車に乗る感覚と

自動運転時代ではまったく違う感覚になっている事です

なぜなら利用者の重要な点は

目的地の到着予定時間となるからです。

運転する事自体が目的ではなくなるからです

※勿論 趣味は残ります

一刻も早く目的地に到着する

これは現在の電車に乗る感覚が一番近い感覚と思われます。

何時に到着し続いて目的地に向かう

という事になります

利用者は時間調整を重要視します

であれば完全移行が完了した世界では

より効率的に動くため

自動運転の中で制限速度が緩和されていくのが必然と

なるのではないでしょうか

利用者はより短い時間で目的地に向かう事を要求する事になります

次に燃料を入れている時間が短縮される

事が予想できます

実は利用者が目的地に到着した後や

自動車の利用されていない時こそが

自動運転技術の真骨頂ではないでしょうか

いまから妄想でワクワクしてきます

まずは自動給油〔充電かも〕ですが

これはスタンドなどは必要ありません

給油カーなるものが自動給油します

マザーセンターは給油が必要な車を

既に特定しています。

給油が必要な場合近くにある一定の範囲を

担当する給油カーを割り当てるのです

これとドッキングし自動給油が行われます

同じ様に洗車も行われるでしょうね

買い物も自動で行われる事になるでしょう

トラックで運ばれる荷物にはスーパーで陳列される商品が運ばれています

これも自動運転でドッキングし必要な物を
得る事ができます
同時に他の人の荷物を運んでいるかもしれませんね

と言う事は流通も大きく変わる可能性があります個人の車の隙間時間で運送の手伝いをする事ができますし
タクシーの代わりも可能かもしれません
想像すると色々なアイデアが浮かんできました。アイデアが沢山ありすぎて
次回に続くことにします

0 件のコメント:

コメントを投稿