lab

2015年11月8日日曜日

入門経済学

最近マンキュー入門経済学という本を
読んだのですが
面白い本で分かりやすい言葉で経済を解説しています

その中のコラムで気になったのが
現在と過去の時間を比較し
現在の私達と過去の大富豪のロックフェラーを例に時間的価値を解説されている箇所があるのですが、
そこを読んだときにあらためて
時間的価値を軽視していた自分に気づく事ができ、目から鱗でした
また時間の概念を再認識できました

重要な事は、時間の経過と
ともにお金の本質的価値は下がり続けている事、経済というシステムは万能では無く欠陥があるのですがそれすらも内包する事で常にあらたな波を作り続けている事があります

この事が分かれば
老後に向けて1億円必要だとか
本当に無駄な考えだなと思いました

時間的価値をあまりにも過小評価
している様に思います
私も現在の価値基準をベースに物事を
考えてしまうのでそこを考えなおす
いいきっかけとなりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿